2018年ウィンブルドン ジョコビッチのラケットはGraphene TouchのSPEED

2018年6月に日本で先行販売されたHEADのラケット
Graphene360 SPEEDシリーズ。

※「Graphene360」がポイントで、
一つ前のモデルは「Graphene Touch」だ。

Graphene360 SPEEDシリーズは
日本で先行発売されたことで話題となっているが、
少し気になることが・・・

ウィンブルドンに出ているジョコビッチは
一つ前のシリーズ(Graphene Touch)を使っているではないか。

なぜ新シリーズを使用していないのか・・・。

憶測が飛び交うところだが、
きっとウィンブルドンに向けた調整中にラケットを変えるのをためらったのだろう。

少なくとも新シリーズ(Graphene360)が使いずらくて
使うのをやめたなんてことはないだろう。

新シリーズ(Graphene360)は以下のとおり高評価だし。
Graphene360 SPEED MPの試打レビュー

Graphene360 SPEEDシリーズのレビュー
G360 SPEEDインプレッション(youtube)

 

2018/8/4 追記
ウィンブルドンの後のシティオープンでズベレフが新シリーズを使用開始していることが確認できた。
おそらくそろそろジョコビッチも使用開始するだろう。
2018年シティオープン ズベレフのラケットはGraphene360のSPEED

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です