1万5千円のPMP第6版問題集 トレノケートを使ってみた感想 その2

前回記事に続き、実際にトレノケートの問題集を使ってみた感想をメモしておく。
あくまで2018年時点の感想のためご参考まで。
前回記事:
1万5千円のPMP第6版問題集 トレノケートを使ってみた

 

まず教材名は、[ASP]PMP(R)試験対策問題集 PMBOK(R)Guide第6版対応 (スマホ対応版)だ。
問題の構成は以下のとおり。
・基礎問題(基礎と応用合わせて500問とのこと)
・応用問題(基礎と応用合わせて500問とのこと)
・模擬試験(200問)
※基礎問題、応用問題は知識エリアごとにカテゴリ分けされている。
※模擬試験200問は、基礎問題、応用問題を200問集めたものと思われる。

実際に使ってみて、良かった点と残念だった点をまとめておく。

 

【良かった点】
・問題の質は虎の巻(PMP参考書の良書)に似ている。
・各問題の解説にPMBOCKガイドの章番号が書いてあるため、PMBOCKガイドと照らし合わせての勉強が可能。このPMBOCKガイドの読み込みが非常に大切なので助かった。
・スマホも使える(自分はiPhone7使用)。
・結果として合格できたため、役だったとおもう。

 

【残念だった点】
・問題が各グループに分かれており、各グループの問題を最後までやらないと回答が出ない。ものによっては40問とか解き終わらないと解説が確認できない。1問答える毎に解答を出すモードもほしかった。
・申し込んでもすぐ使えない。このご時世インターネットでクレジット払い可能だと思っていたが、クレジット払いは不可。
申し込んでから請求書が送られてきて振り込むスタイル。さらに振り込んでから最短で5営業日かかる。余裕をもって申し込む必要ありなので注意。
・問題の検索ができない。あの問題なんだっけと思っても見つけられない。
・楽しみにしていた模試200問が、基礎問題、応用問題を200問集めたものだった・・。基礎問題、応用問題を繰り返し解いていたため、問題を覚えてしまっており、模試が全く意味をなさなかった。
結果、模試は途中でやめた。
力試しのためであれば、基礎問題・応用問題を解かずに、模試をやった方が良いと感じた。

 

結論としては、問題集というよりは、模試200問を1万5千円で購入できると思った方が良い。
かなり高額なため、その他に問題集が出版されていればそちらをおススメする。
ただ、解説にPMBOCKガイドの章番号が書いていない問題集はおススメしないため、その場合はトレノケートの問題集をおススメする。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です