ネットワークスペシャリスト 2回目の試験で合格するための勉強法

先日、ネットワークスペシャリストの合格発表があった。
奇跡的に合格していたため、合格体験記としてここに記しておく。

【試験結果】
結果は『合格』。
正答率は以下のとおり。

午前1:免除
午前2:68点
午後1:65点
午後2:70点

H30年度ネットワークスペシャリスト試験受けてきました
の記事で書いたが、全く手ごたえがなかった。
おそらく解答欄を全て無理やり埋めたこともあり、部分点が多くもらえたためだろうと勝手に思っている。

 

【受験当日の振り返り】
選択した問題は、午後1は問1、問2で午後2は問1だ。

試験時間は、全て最後まで使った。
そのため途中退室はなし。
時間をフルに使い、分からない問題も全て埋めたことで部分点がもらえたのかもしれない。

あと、情報処理試験は体力勝負でもある。
午前1が免除といえど、朝の10:50にスタートし、最後に終わるのが16:30だ。
自分は情報処理試験の時は毎回「ポカリブル」を持参し、休憩時間に飲むようにしている。

※ポカリブル:ポカリスエットとレッドブルを混ぜた飲み物。少しずつ飲むと1日中元気でいられるらしい。
※ポカリブルの参考youtube

 

【勉強時間】
勉強時間はこんな感じ。
期間は約1カ月(2018/9月中旬~2018/10月中旬)で、総勉強時間は33時間だ。
1日の平均は約1時間。

午前2の勉強は、通勤時間と最後の3日間のみのため、
ほとんど午後1、午後2の勉強に充てていた。
過去の経験上、午後試験が合格の鍵になると感じていたためだ。

勉強期間が1カ月と短いと思われるかもしれないが、
自分は数年前に1度受験しており(午後2で不合格)、
数年前した勉強を復習するつもりで取り組んだため短く済んだのだと思う。
初受験の方は2カ月くらいの勉強期間は覚悟しておいた方が良いと思う。

 

【勉強方法】
勉強に使用した教材はこれ。
リンクも載せておく。

1.ネスペ29

ネスペ29魂 ネットワークスペシャリストの最も詳しい過去問解説 [ 左門至峰 ]

価格:2,592円
(2018/12/28 14:16時点)
感想(0件)


2.TACの合格テキスト

ネットワークスペシャリスト合格テキスト 2018年度版/TAC株式会社(情報処理講座)【1000円以上送料無料】

価格:3,024円
(2018/12/28 14:18時点)
感想(0件)


3.TACの合格トレーニング(問題集)

ネットワークスペシャリスト合格トレーニング 2018年度版/TAC株式会社(情報処理講座)【1000円以上送料無料】

価格:2,808円
(2018/12/28 14:19時点)
感想(0件)

実際には1度目の受験の時に使った教材をそのまま使ったため、
上記リンク先の本よりも年度が古いものを使った。
新しく買い直さなかった理由としては、
ネットワークスペシャリストはセキュリティスペシャリスト(今は情報処理安全確保支援士)と比べ、
問題にトレンド感がないと言われているため、古い教材でも問題ないと耳にしたからだ。
逆にセキュリティスペシャリストを受験する際は最新の参考書をおススメする。

TACの問題集は過去問が中心に載っている教材で解説もそれなりに分かりやすい。
いくつかオリジナル問題も入っている。
解いた過去問は、午後1、午後2合わせて12問。
これを2週した。
分からない単語や技術が出てきた場合にTACの合格教本で知識を定着させる流れで進めた。

午前2は3年分の過去問を2週し、暗記した。
(午前2の勉強は正直に言うとあまり力を入れなかった)

 

【おわりに】
まとめると以下がポイントだと感じた。
・午後1、午後2中心の勉強が大事。午前2の勉強期間は3日間でOK。
・解答は分からない問題も『全て』埋めること。以外と部分点がある。

以上となります。
来年受験をお考えの方は頑張ってください!

Oracle Bronze DBA12c(1Z0-065)資格試験受けてきました

先日、Oracle Bronze DBA12c(1Z0-065)資格試験を受けてきた。

無事に1発合格できたため
合格体験記としてここに記しておく。

★試験結果
結果は『合格』 。
正答率は83%(合格ライン70%)。

試験時間は120分だが、60分で解き終わり、
途中でチェックしていた不安な問題を10分で見直しした。
結果、残り50分で試験を終了した。

計算問題などの時間のかかる問題が一切ないため
試験時間には十分な余裕があった印象だ。

不安な問題(確実に正解ではない問題)は、約20問あった。
全73問のため、51問正解する必要があると考えると、
22問間違えられるため少し安心できた。

結果は83%のため約60問正解していたこととなる。
不安な問題20問についても消去法で絞れていたことが勝因だろう。

★勉強方法
勉強に使用した教材は2つのみだ。
・Ping-t(有料版)
・参考書(白本と呼ばれているもの)

使用した参考書はこちら

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Bronze[Bronze DBA 12c](試験番号:1Z0-065)完全詳解+精選問題集オラクルマスタースタディガイド【電子書籍】

価格:3,888円
(2017/12/10 12:22時点)
感想(0件)


勉強期間はトータルで約5カ月だ。
一般的な受験者にくらべてかなり長い方だが、
一日の勉強時間は10~30分のためトータルではそれほど長くはないと思っている。
以下に勉強の軌跡を記しておく。

【1~2カ月目】
Ping-tについて
・最初の2カ月はだらだらとPing-tの問題を解く。
・各章ごとに解いていき、全問題を銅から銀にした。
・間違った問題については解説をすべて読む。
白本について
・まだ購入せず。

【 2~3カ月目】
Ping-tについて
・銀にした問題を解いていく。
・今回は章ごとではなく、全問題をごちゃまぜで解いていく。
白本について
・白本を購入し、寝る前に最初から最後まで熟読していく。

【 3~4カ月目】
Ping-tについて
・すべて金にした。
白本について
・すべて熟読が完了し、各章の章末問題と模試(2回分)を解いていく。

【 4~5カ月目】
Ping-tについて
・問題を初期化(全問題を銅に)する。
・良く出題されると言われているリカバリ関連の問題だけを全て銀にする。
白本について
・章末問題、模試で間違った問題を復習。

★分かりそうで分からなかった問題
最後に、試験で分かりそうでわからなかった問題があったため、ここにメモしておく。

・smallfileは手動でサイズ拡張可能か?
可能。smallfile表領域のサイズ拡張は以下の3つの方法で可能。
・既存の表領域へ新しいデータファイルを追加する
・既存のデータファイルのサイズを拡張する
・既存のデータファイルの自動拡張を有効にする

・SQLPlusでユーザ作成は可能か?
可能。create user文で作成可能。

・DBExpressでユーザ作成は可能か?
可能。GUIでユーザの作成や更新、削除が可能。

・MEMORY_TARGETは自動メモリー管理?それとも自動共有メモリー管理?
自動メモリー管理。
SGA_TARGETが自動共有メモリー管理。
PGA_TARGETが自動PGAメモリー管理。

・ビューのデータを更新した際の元の表の挙動について
ビューに挿入したデータが実表にも挿入されるようにするには
実表に定義されているすべてのNOT NULL制約の列がビューに含まれている必要がある。
但し、実表のNOT NULL列にデフォルト値が設定されていれば、
この列がビューに含まれていなくても、ビューを通じて表に行を挿入可能。

・oraInventoryのデフォルトはORACLE_BASE配下のディレクトリか?
デフォルトは「$ORACLE_BASE/oraInventory」。

★おわりに
以上です。
これから受験をお考えの方は頑張ってください!

なお、SQL試験については先に受けており、合格済みです。
その時の合格体験記についてはこちらの記事を参照願います。
Oracle Bronze 12c SQLはPing-tのみで合格可能か?

Oracle Bronze 12c SQLはPing-tのみで合格可能か?

結論、『可能』だ。

勉強方法は「Ping-t」のみ。
用意するものはPCとスマホのみ。
これと時間さえあれば十分合格できることが分かった。

Ping-tのOracle Bronze 12c SQLは無料だ。
つまり0円で使えるため、お金もかからず合格できる。

ぜひ試していただきたい。

 

では、参考までに私の勉強方法の詳細をここに記しておく。

勉強期間は、3カ月間。
2016/05/5~2016/08/5の間、ほぼ毎日勉強した。
毎日といっても一日5分間の日もあるため、それほど苦ではなかった。

1日の勉強時間は、約10~30分。
休日は1時間くらい。

勉強方法は、Ping-tのみ。
参考書やノートは一切使っていない。

1日5~10問を3カ月間ひたすらこなす。
休日は10~50問かそれ以上こなす。

分からなかった問題は、メモしておく。
メモといってもPCのテキストエディタに記録するくらい。
勉強をなめている、と思われるかもしれないが、これが自分にあっている。
Evernoteに記録すればどこからでもスマホで復習することが可能だからだ。

Ping-tの履歴を振り返ってみるとこんな感じだ。
勉強履歴が簡単に見れるのもPing-tの魅力だ。

2016/05/05:
銅:100% 銀:0% 金:0%

2016/06/01:
銅:50% 銀:50% 金:0%

2016/07/01:
銅:0% 銀:100% 金:0%

2016/07/23:
銅:20% 銀:0% 金:80%

2016/08/05:
銅:0% 銀:0% 金:100%

 

全ての問題を金にしたところで、本番。
結果は74%で1発合格。

合格ラインが65%のためぎりぎりかもしれないが、
0円で合格できたのだから文句はない。

 

最後に試験で、分かりそうでわからなかった問題があったため、ここにメモしておく。
・CHAR型は最大2000バイト、VARCHAR型は最大4000バイト
・NVL2(salary, salary + 10000, ”)は正常終了する。第三引数が”でもエラーにはならない
・集合演算子UNION,UNION ALL,INTERSECT,MINUSはUNION ALL以外は昇順でソートされる
・副問い合わせは左辺に定義しても問題ない
・CHECK制約には、NEXTVAL、SYSDATEは使用できない

 

以上となります。
ご健闘をお祈りいたします。