シャープの加湿空気清浄機「KC-J50」1カ月使った感想

自分の部屋は9畳。
加湿空気清浄機は配置する部屋よりも広い部屋に対応したものが良いとのことで。
シャープの「KC-J50」をチョイスしてみた。

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 グレー KC-J50-H

新品価格
¥14,800から
(2020/1/27 01:10時点)


amazonでリーズナブルに購入できることも選定ポイントだ。
ただ、自分が購入した時(2019/12)は23800円だったのに、2020/1末だと14800円・・・。
ここはあまり突っ込まないようにしておこう・・・。

では、ここ1カ月間(12月~1月)「KC-J50」を使用し続けた感想を共有する。

 

■湿度キープ力
湿度は40%~60%が適切といわれているが、
自分は湿度が50%切った状態で寝ると、朝喉が痛くなる。
なので、常に50%以上に保てるかが気になっていたのだが、ここは問題なし。

「おまかせ」モードで起動中は、常に50%~52%くらいをキープ。
55%を超えることはないが、起床時喉が痛くなることはなくなった。

 

■湿度表示機能
自分が買った機種「KC-J50」は、湿度表示機能はついていない。
なので、別途購入した湿度計で現在の湿度を確認している。
ちなみに温度計、湿度計はTANITA社のこれ使ってます。特に不満はなし。

タニタ デジタル温湿度計 TT-559-GY グレー 《納期約1週間》

価格:1,600円
(2020/1/27 01:07時点)
感想(0件)

■水の補充頻度
帰宅してから使い始め、寝ている間も常に電源ONの状態としているため、だいたい1日10時間くらいの使用時間だろう。
この使用頻度で、だいたい2,3日に1回水を補充している。
毎日ではないので、それほど面倒ではない。

 

■ライトの消灯機能
寝てる間、ライトが眩しいのが不安だったが、「KC-J50」は消灯可能。
使ってみて分かったが、この機能大事!
消灯機能を知らずに最初の2、3日使ってみたが眩しすぎて寝られない・・・。

 

■メンテナンス
メンテナンスが面倒という方には、別売りの使い捨てフィルターがおススメ。
シャープの加湿空気清浄機「KC-J50」の使い捨てプレフィルターはこれ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です