めまい、視覚欠損、頭痛が定期的におきる人は脳神経外科へ

結構前から突発的にめまいがして困っていた。
めまいというよりは、視界の一部が見えなくなる(視覚欠損)といった方が正しいのかもしれない。

心配になったのでお医者さんに診てもらうことにした。
一度眼科に軽く見てもらったのだが、それは脳神経外科のほうが良いとのアドバイスをもらったので、今回はそのときの診断結果についてメモしておく。

こんな症状が気になる方

・普段はいたって健康
・年に数回以下の症状が発症
・視覚欠損(視界の一部が黒くなって見えなくなる)
・ろれつが回らなくなることがある
・上記の症状が30分~1時間くらいで元に戻る
・元に戻った後は軽めの頭痛がおきる
・何年もこの状態が続いている(自分の場合は約10年前から)

お医者さんの予想

MRIを取らないと詳しくは分からないが、おそらく片頭痛持ちの人がなる「閃輝暗点(せんきあんてん)」とのこと。

その場合、片頭痛は治らないので今後も上手に付き合っていくしかない。
遺伝が多いので親のどちらかが片頭痛かも。
明らかに片頭痛を併発する要因が分かれば対処可能だが、それは自分で探す必要あり。
例えば、チョコレートを食べると片頭痛になりやすいとかがあるらしい。

事前にネットで調べた「一過性脳欠損」ではないかとビクビクしていたが、それは考えにくいとのことだ。
なぜなら「一過性脳欠損」は、高血圧や糖尿病、コレステロールを持っている人が最終的になるものなので、急になるのは考えにくいとのこと。

ただ、100%安心というわけではないのでMRIを一度とってみようということになった。

MRIの診断結果

結果は、「一過性脳欠損」や「脳梗塞」等の以上はまったく見られなかった。
なので予想どおり「閃輝暗点」で間違いないとのことだ。

閃輝暗点になる原因は、原因不明(片頭痛からくるもの)と、脳のどこかに異常があることから発症するものの大きく2パターンあるとのこと。
脳の異常とは、脳の血管が収縮している等だ。

自分は原因不明タイプとのこと。
MRIの結果に異常は見られなかったためだ。
原因不明のものはMRIでも分からないようだ・・・。

閃輝暗点との今後の付き合い方

まず、今後も閃輝暗点は起きるが、お医者さんにはいかなくても良いとのこと。
発症の頻度が上がったり(毎日とか)、頭痛がひどくなったりした場合は相談してほしいとのこと。

発症した時にやらないほうがいいことはないか気になったが、特にないとのこと。
運動や飲酒など気になったが、いつ発症するかは分からないので気にしても問題ないとのこと。

これ以上悪化しないか、頻度が上がらないかは分からないので、その時はお医者さんに相談だそうだ。

横浜で男一人スパ インスパ、スカイスパ、リブール、スパイアスを比較 おすすめは・・・

横浜近辺にあるスパ施設、インスパ、スカイスパ、リブール横浜について以下の観点で比較していく。

アクセス
値段・クーポン
雰囲気・混雑具合
アメニティ
食事・ドリンク

土日に男一人が癒しを求めに行くことを前提にしているため、各観点のポイントはこんな感じだ。

・アクセス:車を持っていないので、駅から徒歩で行けるか、送迎バスがあるかがポイント。
・値段・クーポン:月に2、3回行くためコスパがポイント。
・雰囲気・混雑具合:まったり仕事の疲れを癒したいので、リラックスできる環境か、子供がうるさくない等がポイント。基本土日に行くため、土日の混雑具合もポイント。
・アメニティ:2回お風呂に入るため、タオルの取り換えができるかがポイント
・食事・ドリンク:お風呂上りの牛乳、ビールが飲めるかがポイント

さっそく、順番に発表していく。
※値段の情報は2020/2時点の情報

 

■第1位 インスパ

アクセス:
東神奈川駅(仲木戸駅も)、横浜駅から無料送迎バスが出ている。
バスで5~10分くらいで到着。
バスはマイクロバスのサイズ感で、土日に利用しても空きはあるため安心。

値段・クーポン:
¥2530(税込)で1日中いれる。
グルーポンなら3回分チケットを¥5350(税込)で購入可能。1回分が¥1784になるためかなりお得。
ただし有効期限が2カ月以内なので注意。

雰囲気・混雑具合:
土日でも空いていて静か。
13才未満の人の入場がNGのため、子供がいなくて静か。
最初に会員登録が必須のため、変な人がいない。
ここはポイント高い。

アメニティ:
タオル、館内着の貸出も料金に含まれている。
ただタオルの交換は有料とのこと。2回お風呂に入りたい人にとっては残念。

食事・ドリンク:
お風呂上りの牛乳、コーヒー牛乳あり。ビールも飲める。
ただ、食事は少々値が張るため、まだ食べたことはない。

 

■第2位 スパイアス

アクセス:
横浜駅から徒歩5分。

値段・クーポン:
約¥2700(税込)。
ニフティ温泉のサイトでクーポンがあり、ワンドリンク付き(ビールもOK)で¥2430なのでクーポンが断然お得。

雰囲気・混雑具合:
18才未満の人の入場がNGのため、子供がいなくて静か。
年齢制限はインスパよりも高い。
リクライニングチェアがベッドのような質感で寝心地が良く、さらにコンセントも使えるので携帯を充電しながらまったりできそう。この2点は他のスパにはないポイント。
漫画の種類もそこそこあり、コワーキングスペースもあったりと何でもそろっている印象。
自分が行った時期はコロナウイルスの影響もあって人が少なかったが、口コミを見ると結構混雑している印象を受ける。
ここはもう一度行ってみて評価することにする(場合によっては評価下がるかも・・)。

アメニティ:
タオル、館内着の貸出も料金に含まれている。
フェイスタオルは交換無料だが、バスタオルの交換は有料。

食事・ドリンク:
お風呂上りの牛乳、コーヒー牛乳あり。ビールも飲める。
中華、沖縄料理屋があり、食べログ評価もそこそこ。

 

■第3位 リブール横浜

アクセス:
鶴見駅、川崎駅から無料送迎バスが出ている。
バスで15~20分くらいで到着。遠い印象。
バスは普通のワゴン車サイズで、土日に利用しても空きはあったが、満席にならないか少し心配。

値段・クーポン:
¥1742(税込)で6時間いれる。
1日分の値段設定はなく、6時間以降は延長料金あり。
ニフティ温泉のサイトでクーポンがあるが、それほどお得でないので省略。

雰囲気・混雑具合:
土日でも空いているが、食事スペースや自由広場に子供があふれていてかなり賑やか。
子供の遊び場があるくらいなので、家族連れにはポイント高そうだが、自分的にはマイナスポイント。
ただ、リクライニングチェアのスペースは静かなので安心。漫画の種類が多くてビックリ。

アメニティ:
タオル、館内着の貸出も料金に含まれている。
タオルが使いたい放題なのでポイント高い。

食事・ドリンク:
お風呂上りの牛乳、コーヒー牛乳あり。ビールも飲める。
食事もリーズナブルで、豚バラの生姜焼き定食 ¥890を食べてみたが、美味しくてボリューミーでおすすめ。

 

■第4位 スカイスパ

アクセス:
横浜駅直結。アクセスは抜群に良い。

値段・クーポン:
¥2450(税込)で5時間いれる。
1日分の値段設定はなく、5時間以降は延長料金あり。
グルーポンだと¥2400(税込)で1ドリンク付き。¥500くらいお得。
値段は割高・・・。

雰囲気・混雑具合:
土日だからなのか激混み。お風呂場がすし詰め状態。
リクライニングチェアのスペースも混んでいる。漫画等も置いていない。
中学生未満の入場がNGのため、子供がいなくて静か。
コワーキングスペースがあるため、コンセントが利用可能。
お風呂上りにパソコンで作業するには良い環境。
ただ、夜になるにつれて作業スペースが居酒屋状態になるため、うるさい。

アメニティ:
タオル、館内着の貸出も料金に含まれている。
タオルが使いたい放題なのでポイント高い。

食事・ドリンク:
お風呂上りの牛乳、コーヒー牛乳あり。ビールも飲める。
食事もリーズナブルで、夜は居酒屋のような雰囲気。

シャープの加湿空気清浄機「KC-J50」1カ月使った感想

シャープの加湿空気清浄機「KC-J50」1カ月使った感想

自分の部屋は9畳。
加湿空気清浄機は配置する部屋よりも広い部屋に対応したものが良いとのことで。
13畳用のシャープ「KC-J50」をチョイスしてみた。

では、ここ1カ月間(12月~1月)「KC-J50」を使用し続けた感想を共有する。
amazonでリーズナブルに購入できることも選定ポイントだ。
ただ、自分が購入した時(2019/12)は23800円だったのに、2020/1末だと14800円・・・。
ここはあまり突っ込まないようにしておこう・・・。

※2021/3/21追記
この加湿空気清浄機を使い始めてから1年以上が経過。
使ってみた感想だが・・・、体調がすこぶる良い。
この1年、風邪をひいたり、風邪気味にもなっていない。

湿度キープ力

湿度は40%~60%が適切といわれているが、
自分は湿度が50%切った状態で寝ると、朝喉が痛くなる。
なので、常に50%以上に保てるかが気になっていたのだが、ここは問題なし。

「おまかせ」モードで起動中は、常に50%~54%くらいをキープ。
55%を超えることはないが、起床時喉が痛くなることはなくなった。

2021/3/21 追記
「おまかせ」モードだと急に出力が強くなることがあるので、今は「静音」モードで使っている。「静音」モードでも50%以上をキープできている。

湿度表示機能

自分が買った機種「KC-J50」は、湿度表示機能はついていない。
なので、別途購入した湿度計で現在の湿度を確認している。
ちなみに温度計、湿度計はTANITA社のこれ使ってます。特に不満はなし。

水の補充頻度

帰宅してから使い始め、寝ている間も常に電源ONの状態としているため、だいたい1日10時間くらいの使用時間だろう。
この使用頻度で、だいたい2,3日に1回水を補充している。
毎日ではないので、それほど面倒ではない。

ライトの消灯機能

寝てる間、ライトが眩しいのが不安だったが、「KC-J50」は消灯可能。
使ってみて分かったが、この機能大事!
消灯機能を知らずに最初の2、3日使ってみたが眩しすぎて寝られない・・・。

メンテナンス

メンテナンスが面倒という方には、別売りの使い捨てフィルターがおススメ。
むしろこのフィルターがないと掃除がかなり面倒。
シャープの加湿空気清浄機「KC-J50」の使い捨てプレフィルターはこれ