Filmarks シングストリートの「上映中」マークの意味

映画向けSNSアプリ「フィルマークス(Filmarks)」でシングストリートを見ると
既に上映は終わっているはずなのに「上映中」のマークがついている(2018/11時点)。
これどういう意味なんだろうか。
フィルマークスのミス?

「シングストリート 上映中 映画館」等で検索しても
上映中の映画は見つからない・・・。
さらに映画.COMで検索してもヒットせず。
映画.COMの上映中の映画検索

結局「上映中」マークは謎のままあきらめることにする。

ただ、シングストリートは現在amazon primeで鑑賞可能だ(2018/11時点)。
絶対おすすめの映画なので、この機会を逃さずに見ておこう。

関連記事:
フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(Ferdia Walsh-Peelo)の日本語版wikipedia

ボヘミアンラプソディの感想 最初の20世紀フォックスファンファーレから最後までずっと夢中

クイーンの伝記映画として話題になっているボヘミアンラプソディを見てきたのでその感想。

最後のライブシーンが感動する
という情報だけを持って鑑賞開始。
ちなみにクイーンは有名な曲しか聞いたことない。

感想は・・
すごくよかった。

クイーンをあまり知らない人はクイーンの曲を聞くようになるだろう。
特に最後のライブシーンは感動して泣きそうになった。

ライブシーン以外も内容が濃い。
見終わった後に「ボヘミアン」の意味を調べてみたが、この映画にふさわしいタイトルだと感じた。

ボヘミアン(bohemian)
【形】
慣習(伝統)にとらわれない、自由奔放な
【名】
1.ボヘミア人
2.自由奔放に生きる人
【形】
1.ボヘミアの、ボヘミア人の
2.自由奔放な
ボヘミアンの意味(英辞郎)

鑑賞後に他の方の口コミを見るとIMAXで見た方が良いといった意見が多かった。
※IMAXは通常よりも約500円プラス
IMAXのほうが音質が良く、ライブの臨場感が違うとのこと。
自分は通常バージョンで鑑賞。
十分楽しめたが、また機会があればIMAXでも鑑賞してみたいものだ。

 

最後のライブシーン以外もずっと夢中で見られた作品だ。
むしろ最初の20世紀フォックスのファンファーレからワクワクしっぱなしだった。
ファンファーレの音がいつもと違う。
ロック調にアレンジされているのだ。

ちなみにこのファンファーレ、「ボヘミアンラプソディ」のアルバムで聞くことができる。
「20世紀フォックス・ファンファーレ」という曲名だ。
Google play musicでも聞ける。
「ボヘミアンラプソディ」と検索してみよう。

フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(Ferdia Walsh-Peelo)の日本語版wikipedia

先日、映画シングストリートを見た。
これは面白い。
何度も見たくなる作品であった。

映画を見終わった後は、
知らない役者についてwikipediaで調べるのだが、
この映画の役者はほとんどがマイナーである。
まだ日本語版wikipediaが編集されていない・・
※2018/11時点でも編集されていない・・・
シング・ストリートのwikipedia

なので、主人公のフェルディア・ウォルシュ=ピーロについて
ここに書くことにする。

 

–ここから–
フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(Ferdia Walsh-Peelo)

■概要
1999年10/12生まれ(現在19才 ※2018/11時点)。
アイルランド人。
シンガーソングライター、俳優。
2016年の映画シングストリートでコナー・”コズモ”・ロウラー役としてデビューしたことで知られている。

■生い立ち
ブレイ(アイルランドのウィックロー州)の中学校に通っていた。

■キャリア
アシュフォード(アイルランドのウィックロー州)に生まれる。
7才の時、母親(ソプラノ歌手のToni Walsh)の指導のもとソプラノ歌手としてキャリアをスタートした。はやくに多くの賞を受賞した。
12才の時、アイルランドでのツアー(モーツァルトの魔笛)にキャスティングされる。
ねじの回転(イギリスのオペラ)ではMilesのパートを演じる。
2012年の時、有名なテレビ番組「Late Late Toy Show」にて歌とピアノを披露した。
2016年の時、映画「シングストリート」で役者デビューした。
映画ではルーシー・ボイントンと共演した。監督はジョン・カーニー。
映画公開後、シングストリートで共演したマーク・マッケンナと共にSundance Film Festivalにて歌とギターとピアノを披露した。
アメリカのウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメントに名前があり、
2015年の時、イギリスでフリーのタレントとなった。
TV番組Vikingsのシーズン5にてAlfred the Great役を演じる予定である。
UNICEFのアイルランドプログラムである「Emergency Lessons」の大使でもある。
このプログラムでは緊急事態(戦争など)に巻き込まれた子供たちへ教育を与えている。