Amazonプライムビデオ テレビで見るときの通信量はどのくらい?

スマホでAmazonPrime見る場合の通信量

AmazonPrimeをiPhoneで見るときの通信量については、以下のような目安がある。
・ストリーミングの質が中の場合、0.6GB/時
・ストリーミングの質が高の場合、1.8GB/時
・ストリーミングの質が最高の場合、5.8GB/時
この通信量の目安は、iPhoneアプリの「マイアイテム」→「設定」→「ストリーミング再生・ダウンロード」から確認が可能だ。

ただ、これはあくまでiPhoneで鑑賞したときの話だ。
自分の場合は、自宅のTV(東芝のREGZA)で見ることのほうが多い。
デフォルトでAmazonPrimeが見れるアプリが入っており、それを使って見ている。
そこで、TVのアプリで使用する場合も同様の通信量なのかを調べてみた。

 

テレビでAmazonPrime見る場合の通信量

AmazonPrimeをテレビで見るときの通信量について調べた結果は・・・
スマホのときよりもかなり多くの通信量が必要とのことだ。

上記で示した通信量の目安はあくまで「モバイル用のアプリケーション」を使用した場合の通信料となるため、テレビの場合は大きく異なるとのこと。
単純に画面が大きくなると、より多くのデータが必要となるため、画面の大きさに比例して通信料も多くなるとのこと。
ただ、目安となる通信料は公開されていないとのことだ。
自分の50インチ4Kテレビの場合、相当な量の通信を使っているのではなかろうか・・・。

また、TVの場合は画質の変更も不可とのことだ。接続されている通信環境によって自動で修正されるようだ。

もう一つ、ダウンロードについても調べてみた。
iPhoneの場合、ストリーミング再生よりもダウンロードのほうが以下のとおり通信量が少ない。
そのため、通信量を節約したい場合は事前にダウンロードをしておくといった方法がとれる。
・ダウンロードの質が中の場合、1時間のビデオで約0.3GB
・ダウンロードの質が高の場合、1時間のビデオで約0.6GB
・ダウンロードの質が最高の場合、1時間のビデオで約0.9GB

これはTVにも適用可能なのでは?と思ったが、無理だった。
TVの場合、ストリーミングにのみ対応しているため、ダウンロードはできないとのこと。

 

テレビの場合は通信量に注意

結論としては、TVでAmazonPrimeを多用する場合、通信制限のあるWifiは不向きということだ。

自分の場合、3日間10GB制限があるUQ-Wimaxを使っている。
どうりでエラーが出るわけだ・・・
参考記事:
REGZA Z810Xの「メモリ不足のため、コンテンツを表示できません。」エラーの原因

最近はコロナの影響で、よりAmazonPrimeにお世話になっている。
光回線の導入を検討するか・・・。

docomoギガホ 速度制限かかった後の1Mbps通信でAmazonPrime鑑賞は可能か

スマートフォンで使う分には問題なし

スマートフォン(iPhone)での鑑賞は問題なく可能。
youtubeも問題なく鑑賞できた。

 

テレビをテザリング接続して使う場合は注意

ただ、以下の条件でのAmazonPrime鑑賞はNG。
・ギガホの速度制限がかかった状態(1Mbps通信)
・REGZA Z810Xをテザリング接続

つまり、REGZA Z810Xを1Mbps通信のWifiにつないだ状態の場合、AmazonPrime鑑賞はできないという結論だ。
実際に鑑賞してみたところ、以前の記事で紹介した「ブラックアウト現象」が発生。フリーズ状態となった(リモコンのボタン何押しても反応なし状態)。
インターネット速度が遅いことが原因と思われる。
以前の記事:
REGZA Z810Xの「メモリ不足のため、コンテンツを表示できません。」エラーの原因

ちなみにU-NEXTも鑑賞NG。
AmazonPrimeのようにブラックアウトにはならなかったが、メモリ不足エラーが発生。これも以前の記事のとおり、インターネット速度が遅いことが原因と思われる。