PMP第6版 用語の覚え方で合格 語呂合わせ集

先日、PMP第6版に合格することができたが、かなり勉強に苦労した。

その中の一つが暗記だ。
PMPには覚えにくい用語や意味が多数でてくる。
こんなに覚えることが多い試験は他にないだろうと思うくらい。

私はどうしても覚えられない用語は、無理やり「語呂合わせ」にして覚えたりする。
かなり無理やりだがいくつか紹介するので参考としてほしい。

基本スタンスは先頭の文字をそのまま読むだけだが・・・。

 

【タックマンモデル】
順番を「せどあすか」で覚える。
1.成立期 ⇒トップダウンのリーダシップが必要
2.動乱期 ⇒道筋を作るリーダシップが必要
3.安定期 ⇒考えさせることでメンバーに正しい方向を気付かせることが必要
4.遂行期 ⇒権限委譲型のマネジメントが必要
5.解散期 ⇒目的を達成し、プロジェクトから離れる
参考URL:
PMP受験・PMBOK 第4版ガイド タックマンモデル
ただ、実際のPMP試験第6版には
出題されていなかったと思うので覚えなくて問題ないかも。

 

【モチベーション理論】
マズローの5段階要求は覚えやすいが、
ハーズバーグ、マクレガーの違いがどうしても覚えられなかった。
名前と理論の先頭文字を組み合わせた「波動MAX」で覚える。
・ハーズバーグ ⇒動機付け・衛生理論(満足・不満足)
・マクレガー ⇒X理論・Y理論
ただ、実際のPMP試験第6版には
出題されていなかったと思うので覚えなくて問題ないかも。

 

【セイリエンスモデル】
3つの分類を「権緊正(けんきんせい)」で覚える。
・権力
・緊急性
・正当性
参考URL:
PMP受験・PMBOK 第4版ガイド セイリエンス・モデル
ただ、実際のPMP試験第6版には
出題されていなかったと思うので覚えなくて問題ないかも。

 

【脅威、好機のリスクに対する戦略】
脅威、好機のリスクに対する戦略はそれぞれ特有のものがある。
脅威は「てんかけ」、好機は「きょう、きょうかつ」で覚える。
・脅威への戦略 ⇒転嫁、回避、軽減 ⇒転回軽(てんかけ)
・好機への戦略 ⇒強化、共有、活用 ⇒強共活(きょう、きょうかつ)
実際のPMP試験第6版にいくつか出題されたと思うので必須。

 

【コンフリクトマネジメント】
呪文のように「てっかい、ちんてき、だわ、きょうし、きょうもんたい」と覚える。
1.撤退や回避(てっかい) ←最も効果が少ない(課題を先送り)
2.鎮静や適応(ちんてき) ←調和と関係を維持(お互い同意できる部分を重視)★適応だから相手に合わせる
3.妥協や和解(だわ) ←一時的、または部分的に解消(全員がある程度納得)★和解だから全員納得
4.強制や指示(きょうし)
5.協力や問題解決、対峙(きょうもんたい) ←協調性のある姿勢とオープンな対話が必要。
参考URL:
PMP受験・PMBOK 第4版ガイド コンフリクト・マネジメント
実際のPMP試験第6版にいくつか出題されたと思うので必須。

 

【品質マネジメント】
こちらも呪文のように「じゃらんしよう、くろす血管、デメンバー」と覚える。
・ジュラン⇒使用適合性。
・クロスビー⇒欠陥のないものを最初から作るべき。
・デミング⇒メンバー(作業者)は品質をコントロールできない。作業者はダメ。
ただ、実際のPMP試験第6版には
出題されていなかったと思うので覚えなくて問題ないかも。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です