【キケン】クリーマーで完全無欠コーヒー作るときの注意点!

絶対してほしくないこと

以下の方法で完全無欠コーヒーを作っている方はぜひ読んでいただきたい。

  • クリーマーを使っている方
  • とってのついていないコップを使っている方
  • 小さめのコップを使っている方(300ml以下のコップは要注意)

絶対してほしくないこと。
それは「こぼさないこと」だ。

絶対こぼさないけどな・・と思ってるそこの方。危ない。
なぜなら、自分もそう思っていたからだ。

とある日の悪夢

いつもどおり、朝起きて完全無欠コーヒーを作り始めた。
コーヒーを作り、ギー、MCTオイルを入れ、クリーマーでかき混ぜる。
いつも溢れるか溢れないかのギリギリのラインを気を付けながら混ぜる。

その日はお湯を入れすぎたのか、少し溢れてしまった。
「あー ちょっとこぼしたな」と思いながらも、完全無欠コーヒーが完成。

部屋まで持っていこうと、コップを持ち上げたところ・・・
やってしまった。

床がコーヒーまみれに・・・。
しかも、ただのコーヒーではなく、油でギトギト・・・。
油のダメージが大きく、ただ拭いただけだと落ちない・・。
という朝から大変な思いをした。

原因は、コップのフチがヌルヌルになり、滑りやすい状態になっていたためだ。

これさえあれば大丈夫

同じ作り方をしていたらまた同じことになると思い、対策を考える。
やはり対策は、
1.コーヒーの量を少なめに作る
2.大きめのコップにする
になると思うので、別の大きめのコップを購入することに。

購入したのはこれ。

HARIO(ハリオ) ラウンドマグ2個セット RDM-1824

新品価格
¥1,114から
(2020/8/22 13:23時点)

今まで使っていたのが、300mlのふちなしコップなので、360mlのふちありコップを選択。

結果は・・・いい感じ。
量はこのくらいで作っているが、今のところ溢れる心配もない。

溢れたとしても「とって」があるのでこぼすこともないだろう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です